過失割合にも影響大!やってはいけない交通違反について

交通事故が起きてしまう状況というのはどちらか一方もしくは両方の車両が何らかの違反を犯していることがほとんどです。

双方が違反をせず安全運転をしているのであればそもそも交通事故にはつながりません。

実際にどのような違反によって事故が起きているのかというのはケースバイケースで様々なのですが、ここでは事故が起きてしまった際にどのような違反で処分が下されるのかについてをご紹介したいと思います。

飲酒運転・スピード違反は絶対にやってはいけない

非常に悪質だと言われるような違反に関しては飲酒運転が第一となります。

少しでもお酒を飲んだ状態で車に乗ることは絶対に許されないことですから、交通事故の中でも最も大きな違反ということになっており、責任も非常に大きくなります。

このほか、明らかに信号無視をしているといったケースや違法運転などをした上で、悪質極まりないものとして判断されることになるため、ドライバーの責任も非常に大きなものとなります。

また30キロ以上のスピード違反をしているといったケースや車が違法車であったという場合には責任は大きくなりますから覚えておくと良いでしょう。

近年ではフイルムを貼った車が少なくなりましたが、それでもすべての窓にフイルムを貼って違法車の状態で車を運転し、交通事故の加害者になった際にはとても大きな過失を背負わなくてはなりません。

信号無視・一時停止などはドライバーが注意すれば防げる

信号無視をはじめとして、ドライバーがしっかりと気をつけていれば事故にはつながりがなかっただろうと言うケースはとてもたくさんあります。

1時停止を止まらず速度を落とさない状態で交差点に向かってしまったというケースや、商店街など人通りの多いことが分かっている場所でスピードを出してしまったというケース、このほかには、右折禁止の道路で無理やり右折をしてしまったことで事故に発展したというケースなどが考えられています。

もちろんこの他にも前方不注意や後方確認といった部分でドライバーに様々な違反が見られるケースが非常に多いため、事故を起こしたくないという意識があればどんな場面でもこうしたルールをしっかり守りながら運転することがとても重要といえるでしょう。

嘘をついても多くの場合でバレてしまう

なんとか自分の過失を少しでも少なくしたいがために、交通事故の当事自分がどんな運転をしていたのかについて、加害者が違反などはないと主張する場合もあります。

気持ちとしてはわからなくもありませんが、実況見分などを行っていく中でどのような状況で事故が起きたのか、警察が簡単に把握することができます。

あまりにも自分の違反を認めずに過失割合についてトラブルになってしまうと被害者側から弁護士を立てられ加害者等の運転をしていたのかについて更に詳しく事情聴取を始めとして実況見分などが行われることになりますから、必ずといって良いほど自分がどんな運転をしていたのかを誤魔化すのは無理と思っていた方が良いでしょう。

ブレーキ跡をはじめとして、信号が変わるタイミングや車両が破損してしまった際の破損度合いなどによっていつまでも隠し通せるものではありませんから、違反をしていた場合には、素直に認める必要があります。

その上で過失割合に沿ってしっかりと保証を行うことがドライバーとしての最低限の責任だといえるでしょう。

走行中に携帯電話を使用していたなどという部分についてもしっかり自分の中では過失として認めなければなりません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ